くるま生活の社長のブログ

株式会社くるま生活の社長です。

無私利他

今日の朝礼

 

最近は西郷隆盛という人が注目されています。

この人は、無私利他の心で生きた人です。

いちばん多く捨てた人が、いちばん多く得ることもあります。

いちばん多く捨てた人とは、どういう人でしょうか。

それは、客観的には有限のものである、自分一人の命を、数十年の間、自分以外のもののために使いきった人のことです。

人としての生き方も仕事のあり方も同じです。

こちらの視点を変え、「相手側の立場」というか、「自分がしてさしあげる側の立場」から、ものを見る視点を得るところに、成功に転じていけるきっかけがあるのです。

これは、ちょっとした差です。気持ちを相手の側に切り替えて行動する、この微差が大きな違いを産むと思います。

 

幸福三説

今日の朝礼

 

昨日も入社希望者の面接がありました。

現在は、仕事を探す人より求人をする会社のほうが多い状況です。

それは、企業が雇ってあげるという状態ではなく、働きたい人から選ばれる会社にならなければならないということです。

働きたい会社、良いチームとは、お互いを認め合う風土があるではありませんか?

そのために「祝福」が必要です。

人の幸せを祝ってあげられる人の集団であれば、良い社風となるでしょう。

幸福三説(こうふくさんせつ)と言われるものがあります。(幸田露伴著『努力論』)

「惜福」「分福」「植福」の三つをいいます。

「惜福」とは、自らに与えられた福を、使い尽くしてしまわずに、天に預けておく、ということ。

「分福」とは、人に福を分けること。

「植福」とは、福の元を植えるということです。

福は自分だけのものにしてしまっては増えません。

願望の実現

今日の朝礼

 

あなたがホームセンターの店員だったとします。

お客様が「電動ドリルはありますか?」と尋ねてきたら、どの様に答えますか?

「こちらにあります。」

「どれくらいの穴をあけますか?」

「コードレスが便利ですよ。いかがですか?」

いろいろな回答があると思いますが、最もお客様に添う答え方は

「何にお使いですか?」

です。

例えば「子供の夏休みの工作の宿題に使うのです」と言う用途であれば、それは電動ドリルじゃなくてもいいかもしれません。

「こちらにキリもありますよ」と他の提案が出来ます。

もっと言えば、この人がやりたい願望は「子供にかっこいいところを見せたい」のかもしれません。

だったら、工作キットなど、他の方法を提案することも出来るのです。

お客様の願望を実現するのが私たちの仕事です。

 

挫折からの脱出

今日の朝礼

 

何か大きな失敗をしたり、あと一歩で成し得なかったときに挫折を感じることがあります。

挫折が大きくなる原因の一つとして、自分の目標が一つしかないということがあります。

「これさえあれば」、あるいは「これしかない」という考え方も大事ですが、場合によっては執着になることがあります。

そして、執着に近い目標が失敗したときに挫折が大きくなります。

そんなときに「自分はもっと他にも大きな可能性を持っている人間だ」という見方をしてはいかがでしょうか。

困難と取っ組み合って、それを解決すると同時に、別の面においては、いつも新たな道を開いておくことが大事です。

こだわる事も大切ですが、思いっきりやってダメだったときは別の道を歩めということです。

提案とは

今日の朝礼

 

新規のお客様を得るためには提案が必要です。

提案とは、

「私は○○で困っていたけど、××を使ったらよかったわ」

という体験談や

「○○さんは、××なときに、これをやったらしいよ」

という聞いた話をお伝えすることです。

要は、情報を集めて発信するだけのことです。

そのことで、その人が問題を解決できたなら、嬉しく思うはずです。

仕事とは、他人の抱える課題を解決することです。

 

人は変化する

今日の朝礼

 

「人は変化するのだ」と思っていたほうがよいと思います。

体も変化します。内臓も変化するので、メタボでさえ、変化することはあるのです。

それぞれ、度を越したものについては調整をかけるべきだとは思いますが、「少しずつ改善していこう」と努力していくうちに、いろいろな面でプラスは出てくるのです。

勉強もそうです。勉強すれば自分が変化します。頭も変化していきます。

よく勉強した人ほど、謙虚にならなくては駄目です。

謙虚になって、自分の知らないところや分からないところをもっともっと勉強しましょう。

困っている人や、もっと大きな力を欲している人たちのために、自分の「知識」も「エネルギー」も「志」も使わなくてはいけないと思うのです。  

それが仕事ができるということです。

 

誓いを立てる

今日の朝礼

 

年頭にあたり、皆さん、誓いを立てたと思います。

こんな自分になりたいと言う思いは大切です。

しかし、本当に大を成そうと思うなら、私欲の部分を次第しだいに取り除いていき「公のための欲」「公のための奉仕という気持ち」に変えていくべきでしょう。

家族のためになることをしよう。

会社の同僚のためになることをしよう。

お客様のためになる自分になろう。

世の中のためになることをしよう。

そして、「そのために身につけなければならないスキルはなにか」という気持ちに、だんだんならなければいけないのです。  

周りに与える人のところに、多くのものは返ってきます。